• 2016年新卒入社

    塚本 実夏

    MIKA TSUKAMOTO

  • 人事部

    埼玉県出身

    東京外国語大学 外国語学部

    欧米第二課程 ポルトガル語専攻 卒業

ZAIZENに入社した理由を教えてください

私は"人"で決めました。仕事として「これがやりたい」というものが決まっていなかった私は、ここで働いている人たちが皆とてもいい人で、非常にユニークで、個性豊か/才能豊かな人材が集まっている会社だと感じました。発展途上ではありますがその分やりがいもあり、一人一人の裁量も大きく、会社の一員として自分の仕事が会社の成長に直結するということがより強く実感できる良さもありました。変革期にあるこの会社が将来どうなるのか、それが楽しみに思え、またそこに変化をもたらす一人でありたい。そう思えたことが決め手でした。

入社から現在までの業務や
ポジションの変化について教えてください

入社から現在に至るまで人事部で採用業務を行っております。採用にも新卒採用、中途採用、アルバイト採用などありますが、最初は大きな「採用」という括りで業務を一通り行い、現場の最前線に立って応募者対応をしておりました。その後は後輩ができメンバーも増えたので、業務の習熟をして現場の仕事を少しずつ他に任せ、私は採用面接や新入社員研修も担当するようになりました。徐々に採用チームのタスク管理や後輩の指導も行うようになり、まだまだ未熟ではありますが今は採用業務が上手く回るようチームマネジメントを学んでいます。

自分が成長できたと感じるエピソードを
一つ教えてください

私が採用に携わった最初の代が入社したとき、大きな喜びや達成感と共に自らの成長を感じることができました。当時の私は、入社1年目で仕事の勝手もまだよく分からず、学生の対応も手探り状態でした。それでも苦戦しながら学生と向き合い、選考から入社に至るまで一番近くで見てきました。その学生たちが、これからは同僚として一緒にこの会社を作っていくのだと思うと非常に感慨深かったです。純粋に後輩ができた嬉しさもあったと思います。研修を経て各部署に配属される際も、送り出すときは親心にも似た感情が湧いてきたのを覚えています。

これから先の目標や
新たにやりたいことなどを教えてください

今、採用は超売り手市場と言われ、新卒採用にせよ中途採用にせよ採用難で苦労している企業は多いと思います。弊社も何かしらの対策を講じなければなりません。それは採用の在り方や手法も然り、採用以外の部分も然りです。また、採用には成功法もなければ正解もありません。これは人事部として大きなミッションであり、会社にとっても重要なターニングポイントになると思っています。今はこの課題に取り組み、打開策を見出し会社の成長に貢献すること、私個人としてはもっと成長しチームリーダーに必要な力を身につけることが目標です。