• 2017年新卒入社

    森田 朗弘

    AKIHIRO MORITA

  • 人事部

    宮崎県出身

    東京農工大学 工学部

    機械システム工学科 卒業

ZAIZENに入社した理由を教えてください

宮崎県出身の私にとって、東京はずっと憧れの場所。だから進学先には東京の大学を選びましたし、東京で生きていくためにコミュニティを広げていました。 もちろん就職するのも東京を希望。でもただ働くことに意味を見出していたのではありません。 「大企業でない」「経営が安定している」「転勤がない」という希望はありましたが、それと同じくらい自分自身が成長できなければ面白くない。 こうした志向を持っていたため、ベンチャーという世界に興味を抱くようになりました。 数多くの企業と出会うなか、独自の「癒し」ビジネスで安定した基盤を築きながら、新技術を活用した新事業へ挑戦をし続ける当社でなら成長できると確信したことが入社の決め手です。

入社から現在までの業務や
ポジションの変化について教えてください

人事部に配属された初期のころは、18卒学生に対して行う会社説明会の運営の補助的な役割や、学生へのテストの対応、また来社した方への案内などを行っておりました。 しかし日数を重ねるにつれ、会社説明を一人で行うようになり、今では面接を任せて頂く事も増えてきました。 さらに、当初は自分が最初に接した学生の担当となる事が多かったのですが、徐々に「理系学生」や「中途採用でのエンジニア」など幅広く担当させて頂けるようになりました。 自身がプログラムなども考えたインターンを開催したり、地方で開催される就活イベントにも積極的に参加し、誰かの補佐としての役割などではなく自分自身が主体となり、責任を持つことになる業務を多く任されるようになりました。

自分が成長できたと感じるエピソードを
一つ教えてください

最初に会社説明を行っていたころは、説明の一部分だけを自分が担当し、就活生にお伝えしておりました。その理由は、会社説明全ての内容を覚えることが難しく、一部分の説明を行うだけでも精一杯だったからです。 いざ全ての会社説明を覚えて臨んだとしても、『毎回の説明で言うことが少しずつ変わってしまう』などのことが起こっていました。さらに、ただ会社の情報を暗記して話しているだけだと、学生のみなさんに“最高な会社“を知ってもらえません。 回数を重ねていくことで、自信をもってZAIZENの良さを伝えられるようになってきたのではないかと感じています。また、予想していなかったことが起こっても柔軟に対応できるようになりました。 現在は学生と1対1で面談を行うことも増え、採用を行う人間として成長できたと感じました。

これから先の目標や
新たにやりたいことなどを教えてください

私は、人の本質を見抜く力を身に着けることを目標にしています。 これまで自分は、どんな人に出会っても基本的にその人の良いところを見つけようとする癖がありました。人の長所を見つけていくことはとても大切なことだと思いますが、採用を行う上で厳しい判断を行わなければいけない時もあります。会社がさらに発展する良い人材を見つけるためには、人の良い部分だけではなく欠点も含めその人の人間性をより深く理解しなければいけません。 今後、さらに多くの人と面談や面接を行っていく中で、表面上には表れないその人の本質を引き出し、さらにその人を理解できるように目指していきます。