SCROLL

©2018 ZAIZEN Co., Ltd.

ENTRY
INTERVIEW #01.

取締役総務コンプライアンス部長

AYANO.I

2006年 アルバイト入社

アルバイトから正社員となった理由

大学生当時、シフト制勤務のアルバイトをしていましたが、学業との両立が難しいのがずっと悩みのタネで。
そうした際に、土日祝休みという当社のバイト求人を見つけ、応募したのが私のスタートラインです。
入社してみると、まだ設立から間もないこともあって、事務業務に取り組むのは先輩社員と私の2人。
事務がはじめてということもあって難しいかなと最初は思いましたが、言われたことに取り組むのではなく、教わりながら自分自身で考えて取り組める環境に、実力が身につくにしたがってどんどん面白くなっていきましたね。
2年後の2008年に正社員としてお声がけいただいて、それを即快諾したのは、こうした環境が当社にあったことに他なりません。

成長とともに会社は大きく、キャリアも高まる

正社員になると、より会社の内部に深く関わる業務を任されるようになりました。
また仲間が増えるにしたがって携わる領域も広がり、より一層頑張る気持ちになったことも思い出します。
私自身が女性ということもあり、女性が活躍できる環境創出を目指して、産育休や時短勤務制度、福利厚生面の提案を行い、それが会社に活かされていることは嬉しいですね。
こうして自分のアイデアを活かして取り組みながら、2013年に課長、2016年に部長、その同年に28歳で取締役に就任とキャリアを歩んできました。
でもこれは、当社においては珍しいことでは決してありません。自分自身の成長に応じて、会社が正当にキャリアを与えてくれる、これも当社の良いところです。

あなたと一緒にこれからをつくっていきたい

取締役に就任して以降、私自身が部として実現していきたい未来を叶えるためには、部下の育成が大切だということをより強く実感するようになりました。
だからと言って特別なことを行うわけでも、求めるわけでもありません。
もちろんフォローは惜しみませんが、日々取り組む中で起こったことをしっかりと心に刻み、それを繰り返さないように積み重ねていくことが一番大切です。
今後、会社をより良く、より働きやすくしていくためには、総務部のチカラが必要です。
ぜひ新卒で入社いただくあなたにも、しっかりと自分を発信しながら取り組んでいただき、仕事とキャリアを大きく拡げていってほしいと思います。
そして一緒にいろいろな未来をつくっていきましょう。

-Other members-