• 2017年新卒入社

    羽染 ゆきな

    YUKINA HASOME

  • 人事部

    福島県出身

    東京女子大学 現代教養学部

    人間科学科心理学専攻 卒業

     

ZAIZENに入社した理由を教えてください

就職活動をするに当たって業種を絞らず事務職や公務員などを見ていました。しかし、様々な企業の選考を受けていく中で、決まりきった面接を行う事に疑問を持つようになりました。そんな中ZAIZENの選考は、自分自身について興味を持ってくれている印象を受けました。言葉にするのは難しいですが、自分の意見を聞いてくれる会社だという点と、入社後に実施される約1ヶ月間の新卒研修にて配属先が決まるという点にワクワク感を得られました。会社説明会や面接等で聞かせてもらったお話しも、もちろん そうですがZAIZENで働く自分をイメージ出来たためZAIZENへの入社を決めました。

入社から現在までの業務や
ポジションの変化について教えてください

入社から一貫して、社員・アルバイトの勤怠管理や各種手続きに関わる労務を担当しています。日々の業務が、大きく変わる事はありませんが最近では、少しでも会社の居心地がよく働きやすい環境にするため新しい制度などの導入に携わる事が増えてきました。例えば業務のボリュームに合わせ労働時間を調整し、残業削減効果のある変動シフト労働制度については、自身が例となって実践しその効果について検証しています。また『外部研修』実施に際して、会場準備を始めとした運営を行いました。当初はルーティン業務を覚える事で精一杯でしたが、今では自ら進んで会社のルールの見直しや、改善案を提案しています。

自分が成長できたと感じるエピソードを
一つ教えてください

社員・アルバイトに対して書類の提出や申請など細かい依頼をする事が労務には多くあります。そのため社内での信頼関係を築く事も重要な役目です。お願いしていたものを、迅速に対応してもらえた時は自分を信頼してもらえたようで嬉しく遣り甲斐がります。書類やデータを取り扱う事も多々あり、データ管理について責任感が求められるためスピード感も重要視されます。知識や作業効率に関してはまだまだですが、毎日会社の皆さんと接するので入社から少しずつ関係値を築けたのではないかと感じています。

これから先の目標や
新たにやりたいことなどを教えてください

労務の仕事は、会社の重要な情報を目にする事が多く法律や会社規定などに基づいた組織づくりが大切になってきます。専門的な知識が必要になってきますので、まずは自分自身がしっかり労務の知識を身につけ、社員の方々の身近な存在で信頼、安心してもらえる労務担当者でありたいです!また、簡単な事のように感じられてしまうかもしれませんが、笑顔を大事にし、根拠のある自信をもった受け答えができる労務のスペシャリストを目指します。