• 2018年新卒入社

    阿部 真大

    MASAHIRO ABE

  • マトリックスユニバース事業部

    神奈川県出身

    中央大学大学院 理工学研究科

    精密工学専攻 博士前期課程 修了

ZAIZENに入社した理由を教えてください

社内の雰囲気や、AI事業に取り組んでいるという部分に惹かれたのがきっかけです。 選考を受けていく中でお話しした社員はとても気さくな方ばかりで、堅苦しい環境が苦手だった為「この会社なら楽しく働く事ができそうだ」「自分らしく仕事が出来そう」と感じました。 また、AIは私が興味を持っていた分野であり、「ICTを通じて、癒し・笑顔・幸せを一人でも多くの人へ」という企業理念のもと、積極的に仕事に取り組むことができると思い、入社を決めました。

入社から現在までの業務や
ポジションの変化について教えてください

入社当初は、社会人として右も左もわからない状態で、研修を通してマナーやプログラミングなど、働いていく上で必須のスキルの習得に努めていましたが、現在はマトリックスユニバース事業部の研究・開発担当として、人格再現AI開発プロジェクトに携わっています。具体的には、対話AIシステムにおいて話し相手となるアバターの表情の作成やクライアント側のUI設計などを主に担当しています。お客様の目に直接触れる部分なので、どのように設計したらお客様が使いやすくなるか、使いたいと思ってもらえるかを常に考えて業務に取り組んでいます。

自分が成長できたと感じるエピソードを
一つ教えてください

部署に配属されて間もなく、私は同期1人と共に、当社のエントランスに設置する対話AIシステムのプロトタイプを制作するよう指示を受けました。当初は企画からプログラミングまで、不慣れなことも多く、何か一つ機能を実装するにも苦労していました。また、会社の顔であるエントランスに新入社員の自分たちが作ったものを設置するというプレッシャーもありました。しかし、周囲の意見を取り入れ、検討や修正を繰り返しながらそれが徐々に形になっていき、来訪者や社員の方々にデモとして見せられるようになったときには、自身の成長を感じました。

これから先の目標や
新たにやりたいことなどを教えてください

今後の目標としては、IT事業に関わるものとしての基本的な知識の習得と、エントランスで準備中の対話AIシステムを本格的に稼働・運用していくことが挙げられます。 主な業務としてプログラミングに取り組んでいますが、ITに関する知識や、ビジネスをする上で重要な法律の知識に疎いので、まずは「応用情報技術者試験」と「ビジネス実務法務検定」合格を目指し、勉強していこうと考えています。 また、現時点での対話AIシステムのプロトタイプの機能は、AIアバターとの簡単な会話のみですが、受付を代行する機能や、来訪された方々に楽しんでもらえるような機能をつけていきたいです。